アロマセラピー 芳香浴

アロマセラピー 芳香浴(アロマテラピー)

   アロマセラピーを一番手軽に楽しむ方法が芳香浴アロマオイル(精油)をハンカチに落としたり、オイルウォーマーで焚いたりした香りをかぐことで、効果を得るのが芳香浴です。

アロマセラピーDE芳香浴 癒し・美容・健康

 自宅でアロマセラピー活用術Top > アロマセラピー 芳香浴
  

アロマセラピー 芳香浴


アロマオイル(精油)の香りを空気中に拡散させて、鼻から吸収します。
お部屋ではオイルウォーマー、広い部屋ならディフューザー、外出先ではハンカチと使い分けて、香りの効能を身近に活用しましょう。

■オイルウォーマー
もっともポピュラーなアロマセラピーの器材がオイルウォーマー。キャンドルの熱でアロマオイル(精油)を温めて、蒸気と一緒に香りを広げていきます。
香りの効果に加え、キャンドルの優しい明かりでも心もリラックス。

オイルウォーマーの使い方
受け皿に7〜8分目まで水かお湯を入れて、アロマオイル(精油)を垂らします。
6〜8畳の部屋で5〜6滴が目安です。
キャンドルに火をつけます。

■アロマライト
電球の熱でアロマオイル(精油)を温めて使うアロマライト。火を使わないので小さな子供のいる部屋やベッドルームでも安心に使えます。

アロマライトの使い方
受け皿に水とアロマオイル(精油)を垂らしスイッチを入れます。
6〜8畳の部屋で5〜6滴が目安です。


■ディフューザー
広い空間で香りを楽しみたい時はディフューザーが便利。
ポンプの力でアロマオイル(精油)に空気圧を加えて、香りの粒子を拡散させます。
アロマオイル(精油)の原液を薄めずにたっぷり使え、熱も加えないので、精油の持つ本来の香りを楽しめます。

ディフューザーの使い方
ディフューザーの中にアロマオイル(精油)を落としてスイッチを入れます。
アロマオイル(精油)は約3mlほど入れましょう。


全国のアロマセラピースクール情報が満載!アロマセラピーを学ぶなら
まずはビューティー資格ナビでチェック♪

複数のアロマセラピーの通信講座・スクール情報が満載!
目的に合わせてコースを一覧で簡単比較できます。資料請求無料。



 癒しのアロマセラピー対処法
イライラの解消法 ストレスの解消法
プチうつ解消法 集中力アップの方法
記憶力アップの方法 失恋から立ち直る
 美容のアロマセラピー対処法
大人のにきび治療 利尿作用ダイエット
肌のしわ・たるみ対策 目の下のくま&くすみ解消
背中のにきび治療 セルライト除去
かかとの角質の除去
 健康のアロマセラピー対処法
生理痛の緩和 PMS(月経前症候群)の改善
更年期障害対策 しもやけ治療
二日酔い対策 水虫の治療
花粉症対策 冷え性対策
  コンテンツ
 アロマセラピー 基本
  アロマセラピーとは
  体に作用するしくみ
  アロマセラピーの歴史
  アロマオイル(精油)の基礎
  アロマオイル(精油)の選び方
  アロマオイル(精油)の使い方
  アロマオイル(精油)のタイプ
  アロマセラピーの用語集
 
 アロマセラピー 4つの方法
  芳香浴
  アロマバス
  フェイシャルスチーム
  アロママッサージ
 
 アロマセラピー 効果・効能
  アロマセラピーの効果
  アロマセラピー 症状別対処法
 
 アロマセラピー 検定・スクール
  アロマセラピーの検定
  アロマセラピーの通信講座

アロマテラピー関連グッズ-アマゾン
アロマオイル、アロマランプ、アロマ本なら
         

Copyright (C) 自宅でアロマセラピー活用術 All Rights Reserved