アロママッサージ アロマセラピー

アロママッサージの効果・方法(アロマセラピー)

   アロマセラピーによるアロママッサージ効果アロママッサージ方法をやさしく、詳しく解説しています。アロママッサージのスペシャルケアで心も体もきれいに健康に。

アロママッサージで癒し・美容・健康

 自宅でアロマセラピー活用術Top > アロママッサージの効果・方法
  

アロママッサージの効果・方法


アロママッサージは、自分の好きな香りで、心地よく行うことが大切。
基本的なマッサージ法や準備しておくことをチェックしましょう。

■アロママッサージの効果
アロマオイル(精油)の成分を直接肌から取り込むことで、皮膚を刺激し、筋肉の緊張を和らげ、滞ったリンパや血液の流れを促すことがでます。
また香りとスキンタッチでの相乗効果で深くリラックスできます。


■アロママッサージの準備
■マッサージオイルを作る
 キャリアオイル20mlに5滴以内の割合でアロマオイル(精油)を垂らし、よく混ぜて作ります。
■タオルを用意
 効果を持続させるためにマッサージしたあとはオイルを流しません。軽くふくタオルを用意しましょう。
■マッサージしているとオイルがこぼれたり、オイルが衣類についたりします。シーツや衣類は専用のものを準備しておくと安心です。
■リラックスできるムードを演出しましょう。
■部屋は暖かく
マッサージは体が温まったお風呂上がりに行うのが効果的。
特に体を温めたいマッサージには、オイルをビンごとお湯につけてから使うとようでしょう。


■アロママッサージの基本
■軽擦法(けいさつほう)
 手のひらや指を使って、優しくなでるようにしてさすります。リンパの流れを促進させて、新陳代謝を良くするほか、リラクゼーション効果もあります。

■揉捏法(じゅうねつほう)
 手のひらや指を使って筋肉をもみ、ほぐしていきます。あまり強くせず、心地良いくらいで行いましょう。こぶしでもむ方法もあります。

■圧迫法(あっぱくほう)
 ツボを刺激するときに使う方法。マッサージしながらツボ押しすれば、より効果的です。ツボは3キロくらいの圧力で押すのが目安。体重計で量ってみると加減がわかります。ゆっくり力を込めて3〜5秒押し、ゆっくりと力を抜きます。3回ほど繰り返しましょう。

■強擦法(きょうさつほう)
 手法は軽擦法と同じですが、力を入れてさするのが特徴。

■叩打法(こうだほう)
 両手の力を抜き、小指の下にある腹の部分で軽くトントンとリズミカルに叩く手法。筋肉の働きを活性化させ、毛細血管を刺激するので、血行が良くなり体がじんわり温まります。

全国のアロマセラピースクール情報が満載!アロマセラピーを学ぶなら
まずはビューティー資格ナビでチェック♪

複数のアロマセラピーの通信講座・スクール情報が満載!
目的に合わせてコースを一覧で簡単比較できます。資料請求無料。



 癒しのアロマセラピー対処法
イライラの解消法 ストレスの解消法
プチうつ解消法 集中力アップの方法
記憶力アップの方法 失恋から立ち直る
 美容のアロマセラピー対処法
大人のにきび治療 利尿作用ダイエット
肌のしわ・たるみ対策 目の下のくま&くすみ解消
背中のにきび治療 セルライト除去
かかとの角質の除去
 健康のアロマセラピー対処法
生理痛の緩和 PMS(月経前症候群)の改善
更年期障害対策 しもやけ治療
二日酔い対策 水虫の治療
花粉症対策 冷え性対策
  コンテンツ
 アロマセラピー 基本
  アロマセラピーとは
  体に作用するしくみ
  アロマセラピーの歴史
  アロマオイル(精油)の基礎
  アロマオイル(精油)の選び方
  アロマオイル(精油)の使い方
  アロマオイル(精油)のタイプ
  アロマセラピーの用語集
 
 アロマセラピー 4つの方法
  芳香浴
  アロマバス
  フェイシャルスチーム
  アロママッサージ
 
 アロマセラピー 効果・効能
  アロマセラピーの効果
  アロマセラピー 症状別対処法
 
 アロマセラピー 検定・スクール
  アロマセラピーの検定
  アロマセラピーの通信講座

アロマテラピー関連グッズ-アマゾン
アロマオイル、アロマランプ、アロマ本なら
         

Copyright (C) 自宅でアロマセラピー活用術 All Rights Reserved