アロマセラピー 体 作用

アロマセラピー 体への作用

   アロマセラピーでアロマオイル(精油)が体や心に作用する経路は「鼻から」「肺から」「肌から」の3つです。それぞれどんな伝わり方するのか解説しています。

アロマセラピーの作用で癒し・健康・美容

 自宅でアロマセラピー活用術Top > アロマセラピーの体に作用するしくみ
  

アロマセラピーの体に作用するしくみ


アロマセラピーは、香りを感じながら、アロマオイル(精油)の成分を
体に取り入れることで効果を得ます。
アロマオイル(精油)の成分はどのように体に運ばれ、
体にどんな影響を与えるのでしょうか?


■鼻から脳へ
鼻でかいだアロマオイル(精油)の「におい」は、その成分情報が大脳に伝わり、
「におい」として認識されます。
その成分は、感情や欲求などに深く関わる大脳辺縁系から、自律神経をコントロールしたり、体温やホルモンの調節をしたりする視床下部に伝わります。
この視床下部、自立神経などが影響を受け、心の動き、さらに体への影響を与えることになります。


■鼻から肺、全身へ
鼻から入った香りの成分は肺にも運ばれます。肺は呼吸によって入ってきた酸素を血液に取り入れる場所。アロマオイル(精油)の香りの成分もその流れに乗って、毛細血管から血液に入り込み、全身へと運ばれていきます。


■皮膚から全身へ
皮膚には体内の老廃物を排出する役割と、酸素や栄養を取り込む働きがあります。
アロママッサージやアロマバスなどでは肌に潤いを与えるなどの作用があるだけではなく、皮膚の表面の皮脂と混ざり合い、角質層を透過して、皮膚の毛細血管に入り込みます。
そして全身に、その効果が行き渡ります。


全国のアロマセラピースクール情報が満載!アロマセラピーを学ぶなら
まずはビューティー資格ナビでチェック♪

複数のアロマセラピーの通信講座・スクール情報が満載!
目的に合わせてコースを一覧で簡単比較できます。資料請求無料。



 癒しのアロマセラピー対処法
イライラの解消法 ストレスの解消法
プチうつ解消法 集中力アップの方法
記憶力アップの方法 失恋から立ち直る
 美容のアロマセラピー対処法
大人のにきび治療 利尿作用ダイエット
肌のしわ・たるみ対策 目の下のくま&くすみ解消
背中のにきび治療 セルライト除去
かかとの角質の除去
 健康のアロマセラピー対処法
生理痛の緩和 PMS(月経前症候群)の改善
更年期障害対策 しもやけ治療
二日酔い対策 水虫の治療
花粉症対策 冷え性対策
  コンテンツ
 アロマセラピー 基本
  アロマセラピーとは
  体に作用するしくみ
  アロマセラピーの歴史
  アロマオイル(精油)の基礎
  アロマオイル(精油)の選び方
  アロマオイル(精油)の使い方
  アロマオイル(精油)のタイプ
  アロマセラピーの用語集
 
 アロマセラピー 4つの方法
  芳香浴
  アロマバス
  フェイシャルスチーム
  アロママッサージ
 
 アロマセラピー 効果・効能
  アロマセラピーの効果
  アロマセラピー 症状別対処法
 
 アロマセラピー 検定・スクール
  アロマセラピーの検定
  アロマセラピーの通信講座

アロマテラピー関連グッズ-アマゾン
アロマオイル、アロマランプ、アロマ本なら
         

Copyright (C) 自宅でアロマセラピー活用術 All Rights Reserved