キャリアオイル(精油)の使い方

キャリアオイル(精油)の使い方(アロマテラピー)

   キャリアオイル(精油)選び方。アロマセラピーに使うキャリアオイル(精油)。いろいろな種類がありますので、使い方をしっかりと把握して選びましょう。

キャリアオイル(精油)使い方で癒し・美容・健康

 自宅でアロマセラピー活用術Top > キャリアオイル(精油)の使い方
  

キャリアオイル(精油)の使い方


上手に使えば、すばらしい効果をもたらしますが、使い方を誤ると危険をともなうことも。

■原液は肌につけないこと
精油は植物の成分が凝縮されているため、直接肌につけるには、刺激が強すぎます。肌に使う時は、キャリアオイルや水で薄めて(希釈)使います。
ただしラベンダーだけは原液のまま肌につけることが可能です。

■飲まないこと
独自の判断では、決して飲んではいけません。もし誤って飲んだときは、すぐに多量の水を飲んで尿として排泄できるように促し、病院にいきましょう。


■肌につけるときは薄めて
キャリアオイル(精油)をマッサージやスキンケアに使う場合は、必ず薄めて使います。

顔用マッサージオイル
精油の希釈率は、成人の場合1%以下が原則。
5mlのキャリアオイルに対して精油1滴(0.05ml)

体用マッサージオイル
2%が目安です。敏感肌の人は、もっと薄めた方が安全です。


■肌につける前にパッチテストを
ブレンドしたマッサージオイルを使用する前には、腕の内側に適量を塗ってパッチテストを行います。24〜48時間ほど放置し、肌が赤くなる、かゆくなるなどの異常が出たら、その精油の使用を中止します。


■効能と危険性を知って使いましょう
妊娠中や高血圧の人、てんかんの人の精油の使用は、とくに注意が必要です。
柑橘系の精油で光毒性があるものも、紫外線の刺激でアレルギーを起こす方もいますので注意しましょう。
6歳以下の乳幼児には、アロマバスやマッサージなど、肌に触れる形での使用は避けましょう。


■病気治療の代用にはしないように
アロマセラピーは体や心の不調を和らげて自然治癒力を高め、健康な体づくりに役立ちます。でも、アロマセラピーで病気を治そうという考えはとても危険です。
不調が続いたら病院に行きましょう。


■火気に注意
精油は引火する可能性があります。要注意。


■冷暗所で保管
精油は光や熱、空気、湿気などに影響を受けやすく、成分が変化する可能性があります。
使用後は、バスルームなどに置かないように。
高温多湿になる夏は、精油を冷蔵庫に入れてもOK。
専用の箱やバッグもあります。


■使用期限を守って
通常柑橘系の精油は1年未満。ほかの精油は2〜3年。
開封したらなるべく早く使い切りましょう。

全国のアロマセラピースクール情報が満載!アロマセラピーを学ぶなら
まずはビューティー資格ナビでチェック♪

複数のアロマセラピーの通信講座・スクール情報が満載!
目的に合わせてコースを一覧で簡単比較できます。資料請求無料。



 癒しのアロマセラピー対処法
イライラの解消法 ストレスの解消法
プチうつ解消法 集中力アップの方法
記憶力アップの方法 失恋から立ち直る
 美容のアロマセラピー対処法
大人のにきび治療 利尿作用ダイエット
肌のしわ・たるみ対策 目の下のくま&くすみ解消
背中のにきび治療 セルライト除去
かかとの角質の除去
 健康のアロマセラピー対処法
生理痛の緩和 PMS(月経前症候群)の改善
更年期障害対策 しもやけ治療
二日酔い対策 水虫の治療
花粉症対策 冷え性対策
  コンテンツ
 アロマセラピー 基本
  アロマセラピーとは
  体に作用するしくみ
  アロマセラピーの歴史
  アロマオイル(精油)の基礎
  アロマオイル(精油)の選び方
  アロマオイル(精油)の使い方
  アロマオイル(精油)のタイプ
  アロマセラピーの用語集
 
 アロマセラピー 4つの方法
  芳香浴
  アロマバス
  フェイシャルスチーム
  アロママッサージ
 
 アロマセラピー 効果・効能
  アロマセラピーの効果
  アロマセラピー 症状別対処法
 
 アロマセラピー 検定・スクール
  アロマセラピーの検定
  アロマセラピーの通信講座

アロマテラピー関連グッズ-アマゾン
アロマオイル、アロマランプ、アロマ本なら
         

Copyright (C) 自宅でアロマセラピー活用術 All Rights Reserved