アロマオイル(精油)のタイプ

アロマオイル(精油)のタイプ(アロマテラピー)

   アロマオイル(精油)7つの香りのタイプアロマオイル(精油)には大きく分けて7タイプに分類できます。それぞれの特徴をつかんでおきましょう。

アロマオイル(精油)タイプを理解し癒し・美容・健康

 自宅でアロマセラピー活用術Top > アロマオイル(精油)のタイプ
  

アロマオイル(精油)のタイプ


アロマオイル(精油)の香りには特徴があり、7種類に分類できます。
同じタイプ同士のアロマオイル(精油)は香りが似ています。
タイプごとの香りを把握しておくと、ブレンドするときに、できあがりの香りのイメージしやすくなります。

■柑橘系
柑橘系の果皮から抽出されたフルーティでみずみずしい香り。
気分を明るく前向きにする作用があり、アロマセラピー初心者にも使いやすいアロマオイル(精油)です。
・オレンジ・スイート
・グレープフルーツ
・ベルガモット
・マンダリン
・メリッサ
・レモン
・レモングラス


■フローラル系
花束に鼻を近づけたときのような、甘くて優しい香り。花から抽出した精油で女性に好まれます。長持ちする香りが多く、広い用途で使われます。
・カモミール・ジャーマン
・カモミール・ローマン
・ジャスミン・アブソリュート
・ゼラニウム
・ネロリ
・ラベンダー
・ローズ・アブソリュート
・ローズ・オットー


■ハーブ系
ハーブの葉や花から抽出されます。中には種子から抽出されるものも。
爽快感がありながら、ほろ苦さを感じさせる香り。
呼吸器系に作用するものが多く、気分をシャキッとさせます。
・クラリゼージ
・スイート・マージョラム
・タイム
・バジル
・フェンネル
・ペパーミント
・ヤロウ
・ローズマリー


■樹木系
木の皮や葉、小枝などから抽出されます。
森林をイメージさせる、さわやかな香り。ストレスを解消したい時や、リラックスしたいときに使われます。
・フランキンセンス
・ベンゾイン
・ミルラ


■樹脂系
樹脂から抽出されます。
重厚で甘い香りがし、香りが長続きするのも特徴。
肌のひび割れなどの治療効果が高いので、ハンドクリームやかかとクリームなどによく使われます。
・サイプレス
・シダーウッド
・ジュニパー
・ティートリー
・ニアウリ
・パイン
・プチグレイン
・ユーカリ
・ローズウッド


■エキゾチック系
原料の植物がアジア地域に分布しているためこの名がつきました。
非常に甘く、かすかに動物的な雰囲気がただよう魅惑の香り。
不安感や動揺を鎮める作用があります。香りに特徴があるので、ブレンドしたほうが効果的。
・イランイラン
・サンダルウッド
・パチュリ
・ペチバー


■スパイス系
料理にも使われる香辛料が原料のスパイシーな香り。
やる気や元気を取り戻させ、体を温める作用に優れています。
刺激が強いものが多いので要注意。
・クローブ
・シナモン
・ジンジャー
・ブラックペッパー

全国のアロマセラピースクール情報が満載!アロマセラピーを学ぶなら
まずはビューティー資格ナビでチェック♪

複数のアロマセラピーの通信講座・スクール情報が満載!
目的に合わせてコースを一覧で簡単比較できます。資料請求無料。



 癒しのアロマセラピー対処法
イライラの解消法 ストレスの解消法
プチうつ解消法 集中力アップの方法
記憶力アップの方法 失恋から立ち直る
 美容のアロマセラピー対処法
大人のにきび治療 利尿作用ダイエット
肌のしわ・たるみ対策 目の下のくま&くすみ解消
背中のにきび治療 セルライト除去
かかとの角質の除去
 健康のアロマセラピー対処法
生理痛の緩和 PMS(月経前症候群)の改善
更年期障害対策 しもやけ治療
二日酔い対策 水虫の治療
花粉症対策 冷え性対策
  コンテンツ
 アロマセラピー 基本
  アロマセラピーとは
  体に作用するしくみ
  アロマセラピーの歴史
  アロマオイル(精油)の基礎
  アロマオイル(精油)の選び方
  アロマオイル(精油)の使い方
  アロマオイル(精油)のタイプ
  アロマセラピーの用語集
 
 アロマセラピー 4つの方法
  芳香浴
  アロマバス
  フェイシャルスチーム
  アロママッサージ
 
 アロマセラピー 効果・効能
  アロマセラピーの効果
  アロマセラピー 症状別対処法
 
 アロマセラピー 検定・スクール
  アロマセラピーの検定
  アロマセラピーの通信講座

アロマテラピー関連グッズ-アマゾン
アロマオイル、アロマランプ、アロマ本なら
         

Copyright (C) 自宅でアロマセラピー活用術 All Rights Reserved