アロマセラピーの効能

アロマセラピーの効能(アロマテラピー)

   アロマセラピーは私たちにさまざまな効能をもたらしてくれます。アロマセラピーによる効能をやさしく分かりやすく解説しています。アロマセラピーの効能を理解してアロマライフをより楽しみましょう。

アロマセラピー効能 癒し・美容・健康

 自宅でアロマセラピー活用術Top > アロマセラピーの効能
  

アロマセラピーの効能


アロマセラピーによる効能はさまざまです。
それぞれ癒し・美容・健康についてのアロマセラピーによる効能を紹介しています。

■香り
香りによって人の心身に働きかけ、リラックス効果や体調不良の改善などを目指します。
■体に吸収させる
植物から得られる有効成分(アロマオイル)を体に吸収させ、心身を強壮させるというもの。アロマバスやアロママッサージで、アロマオイル(精油)の効能を直接、皮膚から取り入れることなどです。

■癒しのアロマセラピー効能
鼻でかいだアロマオイル(精油)の「におい」の成分は、感情や欲求などに深く関わる大脳辺縁系から、自律神経をコントロールしたり、体温やホルモンの調節をしたりする視床下部に伝わり、心の動き、さらに体への影響を与えます。
■イライラを落ち着かせたい
■落ち込み気分を解消したい
■ストレスがたまっている
■不安を落ち着かせたい
■やる気を出したい
■集中力をつけたい
■ぐっすり眠りたい
■幸せな気分を感じたい
■リラックスしたい
■朝、すっきり目覚めたい
■夜、眠気を覚ましたい
■憂うつな気分
■記憶力向上
■ムーディな気分を演出したい
この様な悩みがある方はアロマセラピーを試してみては。


■美容のアロマセラピー効能
皮膚には体内の老廃物を排出する役割と、酸素や栄養を取り込む働きがあります。
アロママッサージやアロマバスなどでは肌に潤いを与えるなどのさまざまな作用があります。
■ニキビ
■小鼻のブツブツ
■シワ・たるみ
■くま・くすみ
■赤ら顔
■ダイエットしたい
■乾燥肌
■背中のニキビ
■ウエストを細くしたい
■バストアップしたい
■セルライトをなくしたい
■かかとの角質

■健康のアロマセラピー効能
アロマセラピーではアロマの成分が鼻から全身へ、
また皮膚から全身にいきわたり、さまざまな効能をもたらします。
■疲れ目・ドライアイ
■かぜの引きはじめ
■せきが出る・のどが痛い
■鼻づまり
■花粉症
■疲れが取れない
■冷え性
■夏バテ
■しもやけ
■頭痛
■肩こり・首こり
■足の疲れ・むくみ
■生理痛
■月経前症候群(PMS)
■生理不順
■鼓腸(消化器系の働きを活発に)
■胃が痛い
■食欲不振
■下痢
■便秘
■痔(じ)
■二日酔い
■水虫
■更年期

アロマセラピーでは癒し・美容・健康においてさまざまな効能が期待できます。

全国のアロマセラピースクール情報が満載!アロマセラピーを学ぶなら
まずはビューティー資格ナビでチェック♪

複数のアロマセラピーの通信講座・スクール情報が満載!
目的に合わせてコースを一覧で簡単比較できます。資料請求無料。



 癒しのアロマセラピー対処法
イライラの解消法 ストレスの解消法
プチうつ解消法 集中力アップの方法
記憶力アップの方法 失恋から立ち直る
 美容のアロマセラピー対処法
大人のにきび治療 利尿作用ダイエット
肌のしわ・たるみ対策 目の下のくま&くすみ解消
背中のにきび治療 セルライト除去
かかとの角質の除去
 健康のアロマセラピー対処法
生理痛の緩和 PMS(月経前症候群)の改善
更年期障害対策 しもやけ治療
二日酔い対策 水虫の治療
花粉症対策 冷え性対策
  コンテンツ
 アロマセラピー 基本
  アロマセラピーとは
  体に作用するしくみ
  アロマセラピーの歴史
  アロマオイル(精油)の基礎
  アロマオイル(精油)の選び方
  アロマオイル(精油)の使い方
  アロマオイル(精油)のタイプ
  アロマセラピーの用語集
 
 アロマセラピー 4つの方法
  芳香浴
  アロマバス
  フェイシャルスチーム
  アロママッサージ
 
 アロマセラピー 効果・効能
  アロマセラピーの効果
  アロマセラピー 症状別対処法
 
 アロマセラピー 検定・スクール
  アロマセラピーの検定
  アロマセラピーの通信講座

アロマテラピー関連グッズ-アマゾン
アロマオイル、アロマランプ、アロマ本なら
         

Copyright (C) 自宅でアロマセラピー活用術 All Rights Reserved