アロマポットとは

アロマポットについての解説

   アロマポットとは?アロマセラピーを上手に活用するために基本的な用語を理解しましょう。アロマポットの用語を分かりやすく解説しています。

アロマセラピーの用語を知って癒し・健康・美容

 自宅でアロマセラピー活用術Top > アロマポットとは
  

アロマポットとは


アロマポットとは、芳香浴のための器具。

一般的なアロマポットは、皿の上に水やお湯を入れ、アロマオイルを数滴たらし、ロウソクの火であぶると、温められたアロマオイルの揮発成分が蒸発して拡散します。
アロマバーナー、オイルウォーマーという呼ぶこともあります。

比較的手軽にアロマを楽しめる方法ですが、火を使うので注意しましょう。
アロマポットの原理を電気熱に変えたものもあり、火を使用しないため、安全性に優れています。


アロマポットの種類
アロマポットにはさまざまな種類があり、デザインも豊富です。

アロマポット キャンドルバーナータイプ
キャンドル式のアロマ芳香器。
上部の受け皿にお湯や水を入れた後、アロマオイルを1〜5滴たらして使います。
器の下にキャンドルをセットし、火をつけると、オイルが揮発し、香りが部屋に広がります。
香りが立ちやすく、比較的安価で手に入るのが特徴。
ただ、キャンドルを使用するため、火の取扱いには十分注意する必要があります。
空焚きにも要注意。

アロマポット 電気コンセントタイプ
電球の熱を使ったアロマ芳香器。
キャンドル式と同様に、アロマオイルを温めて香りを広げます。
上部の受け皿にお湯または水を入れた後、アロマオイルを1〜5滴たらして使います。
スイッチを入れると電球が灯り、優しい光と香りがお部屋に広がります。
コンセントプラグに直接挿し込むタイプとコード式のタイプ2種類があります。
キャンドル式に比べ価格は若干高めですが、デザインも豊富で、安全性の優れています。
熱くなりすぎないので、アロマオイルも安定して揮発し、上皿が焦げることもないので手入れも容易です。
タイマー式の電気アロマポットもあります。

アロマミスト
加湿器タイプのアロマ芳香器。
少量の水とアロマオイル数滴を入れ、器具内部の振動子でミストを発生させ、香りを広げます。
加湿の効果があるので、乾燥の時期にはよいでしょう。
イルミネーション機能を備えたものもや空気清浄機能などがついたものなどもあります。

アロマディフューザー
アロマディフューザーはオイルを霧上の微粒子として拡散します。
熱を加えないため、アロマオイル本来の香りが楽しめます。


全国のアロマセラピースクール情報が満載!アロマセラピーを学ぶなら
まずはビューティー資格ナビでチェック♪

複数のアロマセラピーの通信講座・スクール情報が満載!
目的に合わせてコースを一覧で簡単比較できます。資料請求無料。



 癒しのアロマセラピー対処法
イライラの解消法 ストレスの解消法
プチうつ解消法 集中力アップの方法
記憶力アップの方法 失恋から立ち直る
 美容のアロマセラピー対処法
大人のにきび治療 利尿作用ダイエット
肌のしわ・たるみ対策 目の下のくま&くすみ解消
背中のにきび治療 セルライト除去
かかとの角質の除去
 健康のアロマセラピー対処法
生理痛の緩和 PMS(月経前症候群)の改善
更年期障害対策 しもやけ治療
二日酔い対策 水虫の治療
花粉症対策 冷え性対策
  コンテンツ
 アロマセラピー 基本
  アロマセラピーとは
  体に作用するしくみ
  アロマセラピーの歴史
  アロマオイル(精油)の基礎
  アロマオイル(精油)の選び方
  アロマオイル(精油)の使い方
  アロマオイル(精油)のタイプ
  アロマセラピーの用語集
 
 アロマセラピー 4つの方法
  芳香浴
  アロマバス
  フェイシャルスチーム
  アロママッサージ
 
 アロマセラピー 効果・効能
  アロマセラピーの効果
  アロマセラピー 症状別対処法
 
 アロマセラピー 検定・スクール
  アロマセラピーの検定
  アロマセラピーの通信講座

アロマテラピー関連グッズ-アマゾン
アロマオイル、アロマランプ、アロマ本なら
         

Copyright (C) 自宅でアロマセラピー活用術 All Rights Reserved